2021.9.11

2021.9.11

ARTA SUPER GT300 第5戦 予選レポート

電気系トラブルでQ2進出も危ぶまれたが、見事5番手で決勝に挑む

午前のセッションは走り出しから調子が良く、2番手のタイムでセッションを終える。今回も#55 ARTA NSX GT3はQ1をA組で出走。セッション開始と同時に高木真一がコースインするが、ここで予想外の電気系統のトラブルに見舞われてしまう。

すぐにピットに入り、修復を行った。幸いにもすぐに修復が完了しピットアウトしたが、残り時間が少なく、Q1突破が危ぶまれた。そんな状況でも高木は慎重にタイヤに熱を入れ、アタックに入っていった。各セクターのタイムはQ1を通過出来るかどうかギリギリのタイムだったが、高木は何とか上手くまとめて4番手のタイムを叩き出し、セッション終了間際でQ2進出を決めた。

Q2は佐藤蓮が担当。3周のウォームアップ後にアタックラップへ入っていった。2回目のアタックでベストラップを叩き出し、5番手のタイムで予選を終えた。明日は、3列目から優勝を狙う。

土屋圭市アドバイザーのコメント

「いつもどおりの速さに戻ってくれて一安心です。茂木、鈴鹿とちょっとパフォーマンスが落ちていて、その原因が分かったので、速さを取り戻せたと思います。予選は5番手でしたが、ここから表彰台は見えるので明日は追い上げます」

岡島慎太郎エンジニアのコメント

「走り出しはタイヤが結構グリップしていて、午前中は2番手で終える事が出来ました。Q1は電気系のトラブルがあって、緊急ピットインをしましたが、何とか修復し残り少ない時間でも高木さんがプッシュしてくれてQ1を突破してくれました。残り少ない時間でもQ2に行けるパフォーマンスがあったので、それは良かったと思います。Q2に関してパフォーマンスやトラフィックの影響は無かったので、ボク達が出せる力は出し切れたのかなと思います。トップに対して何が足りないのかはデータを見て次戦以降の予選のパフォーマンスを高められるようにしたいです。明日はいくつか試したアイテムで良かったところがあったので、鈴鹿の決勝のような良いパフォーマンスで走れると思いますので、明日も頑張ります」

高木真一選手のコメント

「朝の走行で持ち込みのセットが良くて、決勝のセットを進めていたら、車のバランスが良くて、いい方向へどんどん進んで行きました。決勝セットを進めたんですけど、予選でも行けそうなセットが見つかりました。上位へ行ける手応えがありましたが、タイヤ的には午前より午後の方が5℃くらいあがる見込みだったのですが、ボク達にとっては良い方向に行きませんでした。それが蓮が良いタイムを出せなかった理由だと思います。明日はしぶとく行けばトップまで行ける自信はあるので、頑張りたいと思います」

佐藤蓮選手のコメント

「Q1で朝から出ていた電気系のトラブルが出てしまい、アタック出来るかどうか怪しいところだったんですが、チームが迅速な対応をしてくれて、高木さんが素晴らしいアタックを決めてQ2進出が出来ました。Q2はタイヤの戦略やセットアップ面で少し外してしまったところもあって、自分たちが期待していた順位になりませんでした。しかし、フリープラクティスでのロングランは良い感触でしたので、明日は順位を上げて行きたいです」

シェア:

Related Article

関連記事