2021.5.3

2021.5.3

ARTA SUPER GT500 第2戦 予選レポート

3/1000秒差でポール逃すも目標は明日の結果

開幕戦の決勝は速さもありポイントが獲れたものの予選でのポジションが良くなかったので、今回は何とか良い位置からスタートしたい。午前のフリー走行から#8 ARTA NSX-GTは好調で、福住仁嶺は2番手のタイムを叩き出している。野尻智紀のベストタイムも全体では3番手に位置するタイムを記録している。

午後の予選は開幕戦のような気温差はなく、Q1は野尻がアタックを担当した。野尻はプラクティスの好調さをキープし、2番手でQ2進出を決めた。しかし、スープラ勢は全車Q1を突破しており、NSX-GT勢では我々の車両だけしかQ2へ駒を進める事が出来なかった。

Q2を託された福住に重圧がかかる。福住はアタックのタイミングを見計らってセッション終盤にアタック。既にスープラ勢は好タイムを記録し、上位を固めていたが、ここで福住は渾身のアタックで2番手に食い込んだ。トップの車とは3/1000秒差という悔しい結果となったが、明日の決勝が楽しみとなった。


鈴木亜久里監督のコメント

「3/1000秒差は本当に悔しいね。しかし、開幕戦で予選が上手くいかなかったから、それを考えるとこのポジションは悪くないね。決勝でボク達の車は良いと思うから、明日はミスやトラブルに巻き込まれないように長距離のレースを戦って良い結果を出したいね」

ライアン・ディングル エンジニアのコメント

「3/1000秒差はとても悔しいけど、一昨年までお世話になったチームがポールポジションを獲ったのでおめでとうと言いたいです。しかし、3番手の車両とは0.5秒差あるので、予選で一発のタイムを出せる車の方向性は見つけられたと思っています。これから決勝のセットに戻して明日の準備を進めたいと思います」

野尻智紀選手のコメント

「予選が2番手ということで、明日のレースに向けてとても良いポジションを獲得出来たと思います。福住選手のアタックは非常に良かったですし、正直ここまでタイムが伸びると思っていなかったので、流石だなと思っています。明日に向けてチーム全員で何とか優勝を勝ち取りたいと思っています」

福住仁嶺選手のコメント

「フリー走行から流れは悪くは無かったのですが、不安は拭いきれてなくて予選を迎えました。Q1では野尻選手が素晴らしいアタックで2番手で通過してくれましたが、Q2では別のタイヤをチョイスしていたので不安な部分がありましたが、チームがしっかりと車を仕上げてくれたので何とか2番手のタイムを出す事が出来ました。ポールの車との差はわずかだったのですが、自分のミスもあったのでこの僅差は非常に悔しいです。しかし、優勝出来る位置にいると思いますので準備をしていきたいです」

Related Products

関連商品

シェア:

Related Article

関連記事