2021.4.8

2021.4.8

ARTA GALS 3年目を迎える綾瀬まお&真木しおりが語る“ARTA愛”

2021年も、SUPER GTで活躍する8号車ARTA NSX-GTと55号車ARTA NSX GT3を応援する「ARTA GALS」たち。シーズン開幕を前に、彼女たちに今年に向けた意気込みや、サーキットでの活動での裏話などを聞いた。まず登場するのは、ARTA GALSとしての活動は3年目となる綾瀬まおと、真木しおりの2人だ。

“先輩”ではなく“チームメイト”として、みんなとフレンドリーに接したい

「1年目はメンバーが4人だったんですけど、2年目だった昨年は6人になりました。ただ、コロナの影響で6人全員で活動するということがほとんどなくて、全員揃ってサーキットで立てたのは最終戦だけでした。今年は6人で本格的に活動できることが楽しみでもあります」

そう語りながら、2021シーズンの開幕を待ちわびている様子の綾瀬。昨年は新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、関係者の入場が厳しく制限され、レースクイーンも前半4戦はサーキットには入れない状況が続いたが、その分、自宅でレースをテレビ観戦し、ARTAの応援だけでなく、レース全体の流れもしっかり追いかけていたという。

今年もARTA GALSは6人で活動することになるのだが、その中で綾瀬は3年目ということもあり“お姉さん的立場”ではある。だが、あまり“先輩”という立場にこだわらず、各メンバーとはフレンドリーに接しながら、必要な場面でサポートしたいと語った。

「もちろん3年目ということで責任感というか、しっかりしなきゃなという気持ちはあります。でも、だからと言って“偉そうな感じ”にはなりたくないです。フレンドリーにみんな同じチームで、同じ立場としてやっていきたいです」

「私たちがARTA GALSの1年目だった時にも2年目の先輩方がいらっしゃいましたけど、最初からフレンドリーに接してくれましたし、その中でも分からないことは教えてくれました。それが嬉しかったので、そこを受け継いでいきたいなと思っています。先輩として後輩をサポートするよりは、チームメイトとしてサポートをしていきたいです」

プライベートでも自然とオレンジ色を選んでしまう!

同じくARTA GALS 3年目を迎える真木。綾瀬と同じように“先輩”として引っ張っていくよりは、メンバーとフレンドリーに接しながら、分からないところはサポートしていく立場になっていきたいと考えている。それでも、今年は今まで以上に気を引き締めて、責任感を持っていきたいという思いは強いようだ。

「私は2年目の時に20歳になって、ちょうど節目にもなるので“しっかりしなきゃな”という思いもあったんですけど、今年で3年目に入ったということで、それよりももっと気合いを入れて、みんなの見本になるように頑張っていかないといけないなという思いはあります」

昨年はコロナ禍で前半4戦は自宅からARTAの活躍を応援するしかない状況だったが、そんな中でチームはARTA GALSたちの等身大パネルを制作し、レース前のドライバーズアピアランスで活用していた。

「私たちがサーキットに行けない間も、チームが等身大パネルを用意してくださいました。あれを見て、改めて良いチームだなと思いました」と、笑顔で当時を振り返った真木。3年目ということでチームと過ごした時間や思い出も増え、ARTAへの愛着も大きなものになっている。その中で代表的なエピソードを紹介してくれた。

「“ARTA=オートバックス”というイメージが自分の中にあって、オートバックスの看板とかを見るたびに、(チームのことを)思い出しますね。あとは、今までオレンジ色のものを買うことがなかったんですけど、今ではオレンジ色のものを選ぶようになっていますね」

出来ることなら今年はファンともっと交流したい

2021年は開幕戦から6人揃ってサーキットで活動をする予定のARTA GALS。昨年はコロナ禍の影響で、普段のレースクイーン活動ができなかっただけに、2人とも叶うのであればファンと少しでも交流できる機会がほしいという。

「昨年はファンの方と交流が全然できなかったので、今年もどこまで出来るかは難しい部分ではあると思いますが、例えば撮影とかで何らかの形で交流できる機会があればいいなと思っています」(綾瀬)

「これは絶対に叶わないことだとは思いますが、マスクなしでサーキットに立ちたいですね。やっぱり口は笑っていても目しか見えないから……やっぱり口も出した状態で皆さんに撮ってもらいたいです」(真木)

3年目ということで、チームを応援する気持ちは人一倍強い綾瀬と真木。彼女たちの気持ちが、8号車と55号車の後押しになることは間違いないだろう。

Related Products

関連商品

シェア:

Related Article

関連記事