ARTA SUPER GT500 第1戦 予選レポート | ARTA

2022.4.16

2022.4.16

ARTA SUPER GT500 第1戦 予選レポート

Q2進出はできなかったが、決勝でのセットは良さそうなので、まずはきっちりとポイントを狙っていきたい

昨年はシリーズランキング2位で終えた#8 ARTA NSX-GT。今季こそチャンピオンを獲得すべく、この岡山国際サーキットに乗り込んできた。

ドライバーは今年も野尻智紀、福住仁嶺のコンビで、この組合せで3年目を迎える。今年の#8 ARTA NSX-GTはNSX Type Sをベースにアップデートされ、オフシーズンのテストから順調にメニューを消化し開幕戦を迎えた。

午前のセッションは予選、決勝に向けたセットの確認を進め、順位は満足のいくポジションでは無かったが、ドライバーのフィーリングは悪くは無さそうだ。

迎えたQ1は野尻智紀がアタックを担当。先週行われたSUPER FORMULA第2戦で優勝を収めた野尻は、現在最速ドライバーと言っても過言ではないだろう。

野尻はエンジニアからの合図でコースイン。今年、最初のアタックへ入っていった。野尻のタイムは午前のセッションで出したタイムより良かったものの、10位でQ1を終え、惜しくもQ2進出はならなかった。

決勝のセットは悪くないので、明日は10番手から表彰台を狙って行く。


鈴木亜久里監督のコメント

「今年も同じ体制で戦って行きます。昨年は2勝出来たので、今年は2勝以上、全戦ポイント獲得を目標にチャンピオンを狙って行きたいね。
今年最初の予選はQ2へ進出出来なかったけど、車の状態は悪くないし、決勝のセットは良さそうだから、それほど悲観していない。開幕戦は荒れる事が多いから、トラブルに巻き込まれないように最後まで走り切って結果を出したいね」

ライアン・ディングル エンジニアのコメント

「この順位はもちろん満足ではないのですが、車のバランスやタイヤのパフォーマンスに大きな問題は無いですし、決勝に向けてはポジティブな気持ちです。良い準備が出来ると思いますので、明日は順位を上げていきたいですね」

野尻智紀選手のコメント

「Q1のタイムがフリー走行のタイムより上がったのは、車の改善もあったし、ドライビングも悪いところは無く、今の状態でのポテンシャルを出し切る事は出来たと思っています。と言ってもQ1を突破出来なかったので、それを受け入れつつ、明日の決勝をどうやって巻き返すかを考えて行きます。昨年も下位からポジションを上げる事が出来ましたし、今朝のフリー走行で決勝へ向けたセットでの走行も出来ているので、明日、強く戦えるように頑張ります」

福住仁嶺選手のコメント

「パフォーマンスだけで言うと、フリー走行の時からずば抜けて速いというわけではありませんでしたが、予選に向けてアジャストすればQ2には行ける印象はありました。しかし、予想よりライバル勢のタイムの上り幅が大きかったのは想定外でした。車の状態やバランスは悪くないので、何が足りなかったのかを確認して明日のレースに向けて準備していきたいです」

シェア:

Related Article

関連記事