2020.10.14

2020.10.14

2020 ARTA DIGITAL Rd.5 FUJI GT500

NEVER BE SATISFIED「絶対に満足しない」

過密スケジュールの2020年スーパーGT選手権は第5戦で再び富士スピードウェイへと戻って来た。開幕直後の富士で不本意なレースを強いられたARTAにとっては、絶好のリベンジのチャンスだ。

予選で速さを見せながらも決勝でその速さが維持できない。GT500クラスを戦う8号車ARTA NSX-GTには、その苦しみをしっかりと分析し対策を施して富士へと挑んできた。

予選では野尻智紀がQ1を2番手タイムでクリアし、福住仁嶺がQ2のアタックを担当。渾身のアタックで自身初となるポールポジションを掴み取った。

ディングル「フォーメーションラップスタートまであと1分です。戦略をもう一度確認すると、できれば引っ張りたい。ターゲットは35〜42周。セーフティカーウインドウは22周目から」 スタートドライバーとしてステアリングを握る福住に、レースエンジニアのライアン・ディングルが話しかける。

スタート直後にサイドバイサイドのバトルになり、なんとかターン1〜2ではトップを死守したものの、2番手に落ちた直後にセーフティカー導入となってしまった。

ディングル「SC、SC。1コーナー出口から2コーナーまでデブリがあります、左側を走ってください。後ろは23号車、その後ろは12号車」

福住「了解」

レースは4周目に再開となり、一度は広がったトップとの差を福住は再び縮めていく。そして13周目のターン1で抜き去って首位を奪い返す。

ディングル「グッジョブ! ポジション1、ポジション1」 ここからプッシュをして後続を引き離しにかかるが、リアタイヤのグリップが低下して福住はマシンコントロールに苦労する。

ディングル「仁嶺、これからクリーンエアなのでプッシュ、プッシュ」

福住「結構アンダーオーバーが酷いよ。すごく乗りづらい」

ディングル「了解、頑張って」

福住「もう後ろが全く無い。これはキツい、本当にキツい」

ディングル「了解。後ろは24号車、仁嶺のペースは31秒前半、24号車は31秒真ん中、その後ろの39号車は32秒台です」

福住はなんとかマシンをコース上に留め、首位を守って走る。

当初は35周以上引っ張ることをターゲットにしていたが、後続にプッシュされる状況を打開するためにディングルは26周目に福住をピットに呼び入れた。

ディングル「仁嶺、あと1周でピットインしましょう。プッシュ、プッシュ!」

仁嶺「次の周ピットインで良いの?」

ディングル「BOX、BOX」

仁嶺「フロントタイヤも結構ヤバいから、そこも気をつけないといけない」

ディングル「了解、伝えます」

野尻はピットアウト直後のタイヤが冷えている状態で3台のマシンに抜かれてしまうが、5位で踏みとどまった。まだトップとのタイム差は小さく、勝負はこれからだ。無線交信を最小限に抑え、ドライビングに集中したいタイプの野尻を気遣って、ディングルは基本的に野尻の判断に任せて状況を見守る。

野尻は34周目のターン1で4位に浮上してみせた。

ディングル「野尻、グッジョブ、グッジョブ! 今ポジション4。トップは39号車、2番手37号車、3番手24号車。残り32周でトップから10秒以内。行ける、行けるよ」

翌35周目、立て続けに24号車を抜き3位に浮上する。

ディングル「ポジション3、ポジション3。前の37号車は燃リスダウン。残り30周」

野尻「ポジションとかそういうやつだけ教えて」

ここから野尻は前を追おうとするが、後方からも激しい追い上げに遭う。一度は抜かれて4位に落ちる場面もあったが、再び抜き返して3位を取り返した。

最後は前の14号車に0.9秒差まで迫ったものの抜ききれず。それでも3位でチェッカードフラッグを受けてようやく今季初の表彰台を掴み取った。

ディングル「ポジション3、ポジション3。お疲れ様です! 55号車も300クラスで2位です。次の鈴鹿はまたウェイトハンディが軽いから、勝ちましょう」

今季初表彰台。しかしこの結果にARTAは満足などしていない。欲しいのは勝利だ。

「勝ちに行ったんだけど、勝てなかったね。悔しくて仕方ない。今回からお客さんも入場出来るようになったので、モチベーションもとても上がるし、お客さんの前でレースが出来るのはとても幸せだし、そこで絶対勝ちたいと思ってたんだけどね。本当に悔しいよ」

鈴木亜久里監督のその言葉に全てが表われていた。

足りなかったものを究明し、身に着け、次の鈴鹿は絶対に勝つ。表彰台に立ったからこそ、その思いはよりいっそう強くなった。

Related Article

関連記事

ARTA SUPER GT500 第6戦 決勝レポート

RACE REPORT

ピット入口でのロスが響き、優勝逃すも3位連続表彰台 今季2回目の観客動員によるレースは朝から快晴だ。朝は少し寒かったが、ウォームア …

Read more

ARTA SUPER GT500 第6戦 予選レポート

RACE REPORT

3度目のPP、明日こそ一番高いところへ! 第5戦の表彰台でハンディキャップウェイトは32kgとなったが、チャンピオンシップを争うラ …

Read more

選手着用サイン入りユニフォームプレゼントキャンペーン #1

CAMPAIGN

サイトリニューアル記念・プレゼントキャンペーン 2018年度から2019年第3戦までに当時のARTA GT500チームのメンバー( …

Read more

ARTA 2020 SUPER GT 第6戦 オンライントークショー

INFOMATION

監督・ドライバートークショー 2020 AUTOBACS SUPER GT第6戦都内のスタジオ・鈴鹿サーキットをオンラインでつなぎ …

Read more

「2020年ARTAドライバー紹介」いまだ進化する野尻智紀

DISCOVER ARTA

選手に焦点を当て、直近のレースを振り返り、綴るミニコラム 2020年は大きな「変化」の年 GT500 6シーズン目を迎えた野尻智紀 …

Read more

SUPER GT Log #2

DISCOVER ARTA

SUPER GT第5戦 富士スピードウェイ スーパーGT第5戦が、富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町)にて開催されました。既に …

Read more