2020.10.9

2020.10.9

ARTA GT500 第5戦 オリジナルダイジェスト映像

ARTA 8号車 ダイジェスト

秋の色が濃くなってきた富士スピードウェイは曇り空の下でスタートを待った。気温は21℃、路面温度は29℃というコンディションでスタートが切られた。

スタートドライバーは福住仁嶺。福住は1コーナーで2番手の車に並ばれるが、トップをキープしながら2コーナーをクリアしAコーナーに入っていった。ここで後続車両が接触。カウルがコース上に散乱しセーフティーカーが入る。セーフティーカーが入る直前に福住は2番手にポジションを落としてしまう。

4周目にリスタートが切られた。トップの車両に少し離されてしまうが、福住のペースは良く徐々にトップとの差を詰めていく。10周目あたりから300クラスの周回遅れが出始め、福住は3番手の車に差を詰められてしまうが、何とか抑え、逆にトップの車との差を詰め13周目の1コーナーでトップに立つ。  ここで逃げ切る作戦だったが、8番手までの車のペースは良く、なかなか単独走行が出来ず、福住は苦戦を強いられた。何とかポジションをキープし、26周目に野尻智紀に交代。

ピットインのタイミングやアウトラップでタイヤが暖まる前に後続車に抜かれ野尻は3つポジションを落としてしまうが、タイヤが暖まるにつれペースアップ。34周目の1コーナーでひとつポジションを上げる。次の周回で更にポジションを上げて表彰台圏内を走行。

45周あたりから3番手争いが激しくなり、野尻は一時4番手にポジションを落とすも、すぐに抜き返し3番手での走行を続ける。トップ2台を追い続けたが、2台ともペースが良く、3位でフィニッシュ。今季初の表彰台を獲得した。

Related Article

関連記事

このままでは終わるわけにいかない……。苦戦した中でもポイントを拾い集めてきた野尻&福住の“意地”

DISCOVER ARTA

岡山国際サーキットで開幕を迎えた2021年のSUPER GT。念願のシリーズチャンピオンに向けて初戦から好結果を狙っていた8号車A …

Read more

ARTA SUPER GT500 第1戦 決勝レポート

RACE REPORT

マシンも改善して後方から7位まで浮上するがレベルアップが課題 昨日の予選が不本意だったため、ドライバー、エンジニアは綿密なミーティ …

Read more
ARTA GT500

ARTA SUPER GT500 第1戦 予選レポート

RACE REPORT

午前トップタイムも、コンディションの変化でグリップに変化? 新型コロナウィルスの影響で昨年はここ岡山でレースが開催されなかったが、 …

Read more

2021年ARTAマシンカラーリング

DISCOVER ARTA

日増しに春の訪れを感じる今日この頃、マシンのカラーリングが仕上がりました。 鈴木亜久里監督の意向で、2021年は2台の雰囲気が近づ …

Read more

2020 SUPER GT 匠の1枚 Rd8

DISCOVER ARTA

一枚の勲章 第7戦のもてぎでGT500クラスが念願の初優勝を遂げた。 最終戦の地、富士スピードウェイに搬入されたARTA NSX …

Read more

ARTA SUPER GT500 第8戦 決勝レポート

RACE REPORT

チャンピオンに届かなかった悔しさよりも、コロナ禍で応援してくれた皆さんに感謝で一杯 新型コロナウィルスの影響で変則スケジュールとな …

Read more