2020.10.7

2020.10.7

2020 SUPER GT 匠の1枚 Rd5

勝利のためのステップ

ARTAの熱き戦いの瞬間や魅力を、オフィシャルフォトグラファー宮田正和氏が撮影した膨大な写真から、宮田氏自らが厳選した写真をお届けします。

表彰台の二人の表情はどことなく沈んで見えた。
少なくとも3位を心から喜んでいるように僕には見えなかった…

予選では福住仁嶺がチエッカーフラッグ寸前で通過し、最終ラップのアタックで見事に500クラス初のポールポジションを獲得する。
ピットで帰りを待つ野尻智紀のその表情は、久しぶりに見た心からの笑顔に思えた。
そして福住が戻ると二人はお互いの健闘をたたえ合いガッチリと握手を交わした。決勝レースへの期待が膨らんだ。

ポールポジションからのスタートだったが順位の変動もあり、一度は表彰台圏外に落ちるも、最終的には今期初の表彰台3位を獲得した。

だが納得のいかない3位なのは彼らの様子を見ればわかる。
いつもはインスタグラム用の写真に拘りも強く、「もっとないですか?」と催促する福住だが、「今日は表彰台と何かあれば…」と元気がない。

今日は勝つつもりで挑んだレース。3位で喜ぶよりはむしろ悔しさをあらわにする二人だから、次のレースが楽しみになる。

BODY : CANON EOS R5
LENS : RF28-70mm F2L USM
SP : 1/200 F : 13.0

シェア:

Related Article

関連記事