2021.11.6

2021.11.6

ARTA SUPER GT300 第7戦 予選レポート

ウェイト重いが、マシンバランスも良く、予選3番手を確保

前回はポイントを獲得出来なかったので、残りの2戦は大量ポイントを獲得してチャンピオン争いに残りたいところだ。

午前のセッションは序盤から車のバランスが良く、走行メニューを順調に消化していった。更に細かいセットを試す事が出来て、車のパフォーマンスは安定してきたようだ。

Q1は高木真一が担当。周囲の状況を慎重に見極めながらアタックに入っていった。高木は2番手のタイムを記録し、Q2の佐藤蓮につないだ。佐藤もノーミスでQ2を走りきり、3番手のタイムを記録した。

明日はミスなくトラブルに巻き込まれず走りきり、優勝を目指したい。


土屋圭市アドバイザーのコメント

「上位3台の中ではウェイトが最も重いので、今日の予選は良く出来たと思います。レースでは前の車の出方を見ながら、作戦を練って行きたいと思います」

岡島慎太郎エンジニアのコメント

「もてぎは過去のレースを見ていると苦しいレースが多くて、いろいろなセットを試してきた中でなかなか上手くいかなかったので、セットを今までで一番パフォーマンスが高かったものをベースに、今年一番良かったものを取り入れて走りました。午前からバランスは良くパフォーマンスが高いところで走れていました。後はセッション中に入れていったテストアイテムも良い方向へ行った結果が3番手でした。車の仕上がりは非常に良いと思っています。ロングランも周りと比べて悪くはなさそうなので、明日のレースもポジションを上げて優勝を目指し、チャンピオンシップに残れるようにしたいです」

高木真一選手のコメント

「午前中の走行から車のバランスは良くて、決勝のセットをアジャストしていった方法が予選のセットでもプラスに出ました。その結果、予選でも前の方に行けたと思っています。今回は練習走行もしっかり走れて、走行メニューもしっかり消化出来たので、良い悪いの判断がきちんと出来たと思います。決勝のセットアップも見つかっていますが、心配なのは明日の天候だけですね。しっかりコンディションに合わせて最低でも表彰台を狙っていきたいと思います。今日は蓮もボクも良い仕事が出来たと思っています」

佐藤蓮選手のコメント

「フリーの走り出しから調子が良かったのでポールも狙えると思っていましたが、ウェイトなどの差もあってポール獲得とはなりませんでした。しかしながら、ロングランの調子も良いので、明日は優勝に向けて戦略を組み立てて頑張っていきたいと思います」

シェア:

Related Article

関連記事