2021.10.24

2021.10.24

ARTA SUPER GT500 第6戦 決勝レポート

「優勝」の二文字をやっとのことで掴み取る!

水曜日に阿蘇山の噴火があったのでレースの開催が心配されたが、何の影響もなく決勝日を迎える事が出来た。今日のオートポリスの気温は低いが朝から快晴だ。

スタートドライバーは福住仁嶺。福住はクリーンなスタートを切り、ポジションをキープしたまま、1コーナーを抜けて行った。6周目からラップダウンの300クラス車両が現れ始めた。そして他車がエンジン交換のペナルティ消化の為にピットイン。ここで福住は3番手に浮上する。

10周目に300クラスの車両がクラッシュし、FCY運用となるが、破損パーツがコース上に散らばっているので翌周にセーフティーカー(SC)が導入された。13周目に隊列の整列の為、メインストレートに車両が一旦ストップする。隊列が整い、SC先導で走行再開。コースコンディションが整い、16周目にリスタート。

スタートが切られた直後にトップを走行していた車両のホイールが外れてしまう。ここで福住は2番手に浮上。しかし、この直後に300クラスの接触があり、2回目のSC導入となった。24周目にリスタートが切られたが、26周目に福住をピットに入れ、野尻智紀に交代。後半を託す。

野尻は5番手でコースに復帰し、翌周には4番手に順位を上げる。他車のピットインもあって更に順位を上げ、トップを争っていた#64がルーティンのピットイン。アウトラップで野尻は#64を抜き去りトップに躍り出る。

このあと、#64と激しいデッドヒートを繰り広げる。野尻は徐々に#64を引き離し、40周目には単独走行となる。その後の野尻のペースは良く、2位に30秒以上の大差を付けて、嬉しい今季初優勝となった。


鈴木亜久里監督のコメント

「やっと勝ててホッとしました。今まで手中に収めていた優勝を何度か逃してきてたから、今回は絶対に優勝しなくちゃいけないという強い気持ちがあって、皆んなが頑張ってくれた結果だね。残りのレースも優勝出来るように頑張ります」

ライアン・ディングル エンジニアのコメント

「優勝出来そうなレースを何度か落としているのでとても嬉しいです。しかし、気を引き締めて次回のレースも勝てるようにしたいと思います」

野尻智紀選手のコメント

「前半を走った仁嶺は、SCも多い中、混乱に巻き込まれず走らせてくれたのは大きいと思います。また、仁嶺はボクが後半走っている最中に車やコースのコンディションなどをアドバイスしてくれたので、それがだいぶ助けになって上手く走らせる事が出来ました。残りは2レースですが、しっかり準備をして全部勝ちに行きます」

福住仁嶺選手のコメント

「SCが多くて難しい前半でしたが、何とか野尻さんにつなぐ事が出来ました。そして野尻さんの力強い素晴らしい走りで何とか勝つことが出来ました。でも、ここまで優勝するチャンスがあったのに、わずかなミスで優勝を逃してしまったので、素直に喜ぶ事は出来ません。次もこのようなレースが出来るようにしっかり準備していきたいと思います」

Related Products

関連商品

シェア:

Related Article

関連記事