2021.8.21

2021.8.21

ARTA SUPER GT500 第3戦 予選レポート

BSタイヤではトップだが競合メーカーには届かず予選は5位

5月に開催予定だったSUPER GT第3戦が延期され、ようやくこの8月に開催される事になった。
午前のセッションは天候が安定せず、セットを進めるには難しいコンディションだったが、チームは予定通りの走行メニューを消化していった。しかしながら、思うようなタイムが出ないまま午前のセッションを終えた。

予選が始まるまでにセットを見直し、Q1を担当する福住仁嶺を送り込んだ。福住は最初にコースインしてタイヤをしっかり暖めてアタックに入った。5番手のタイムを叩き出し、野尻智紀につないだ。

野尻は渾身のアタックで、福住と同じ5番手でQ2を終えた。決勝のセットは表彰台を狙える手応えがあるので、明日は表彰台を目指して挑みたい。


鈴木亜久里監督のコメント

「他メーカーのタイヤが力をつけてきたから、全体的に面白くなってきたんじゃないかな。ボク達は困るけど、それに負けないように頑張りたいね。明日は見込みがありそうだから、表彰台を目指して頑張りますので、注目していて下さい」

ライアン・ディングル エンジニアのコメント

「午前のセッションは天気が不安定だった割にはメニュー通りに走れたのでビックリしています。持ち込んできた車のバランスは良くて、予選向けのアイテムを主にチェックしました。1-2箇所直したいところがあって、それを直しながら走っていましたが、500専有の時はニュータイヤのセットで走行しましたが、それがあまりコンディションと合っていませんでした。今までの予選みたいに1発のタイムが出そうに無かったので、データを見ながら予選に向けてアジャストしました。予選向けにバランスをまとめる事が出来ましたが、上位のタイムは見えませんでした。しかしながら、もう1つ2つポジションを上げたかったです。FCYの走行の時はロングランのセットを確認しましたが、それは良さそうなのでそれをベースに明日に向けて準備を進めたいです。BSの中ではトップなので、BSタイヤの強さを見せつけられるように頑張りたいと思います」

野尻智紀選手のコメント

「午前の走り出しは良かったのですが、その後はあまり良い方向へ行かなかったのでそれをインターバルで解析してもらって、予選ではそれが上手く行けたと感じました。他のタイヤメーカーには手が届かなかったので悔しい気持ちはありますが、明日がどういうレースになるか分からないので5位というポジションはまずまずのスタート位置だと思っています。しっかりレースを組み立てて良い結果を出せるように頑張ります」

福住仁嶺選手のコメント

「久しぶりにQ1を担当しましたが、朝の走行からするとあまり手応えを感じていなかったので、不安の中、予選を迎える事になりました。予選開始まで車のセットを変更してもらい、欲しかったところがだいぶ出てきてくれました。しかし、自分の走りでセクター1などでタイムアップが出来なかったので、ちょっとヤバいな、と思っていました。セクター2以降は何とかまとめる事が出来たので、Q2に進出する事が出来ました。その後、野尻さんも素晴らしい走りで5番手のポジションを確保する事が出来ました。BSの中ではトップですし、ロングランのセットも良いので、集中して強いレースをして結果を残したいと思っています」

Related Products

関連商品

シェア:

Related Article

関連記事