ARTA SUPER GT500

2021.7.18

2021.7.18

ARTA SUPER GT500 第4戦 決勝レポート

抜きづらいもてぎでポジション4つ上げポイントゲット

気温33℃、路面温度51℃という高温の中、フォーメーションラップ2周を消化し、第4戦が始まった。

スタートドライバーは福住仁嶺。福住は慎重にスタートを切り、9番手をキープしたまま周回を重ねる。9周目あたりから300クラスの周回遅れが出始めるが、福住はラップタイムを落とすことなく見事なドライビングを続ける。

15周を過ぎたあたりから前後との差が縮まり、デッドヒートが繰り広げられるが、順位をキープしたまま23周目にルーティンのピットイン。野尻智紀に後半を託した。

ARTA SUPER GT500

野尻は14番手でコースに復帰。27周目にポジションを9番手まで戻す。野尻のペースはよく、29周目には6番手までポジションアップ。更に前車を追う展開となる。40周目まで膠着状態が続くが、その40周目に300クラスの車両が止まってしまい、ここでFCYが導入される。

車両をコース外への移動が済み、43周目にリスタートが切られる。野尻はバトルを展開していたが、前車が300車両と接触し、5番手に浮上。この接触で2回目のFCYが導入される。

ARTA SUPER GT500

47周目にリスタートが切られ、野尻は終盤前車と1秒以内のバトルを繰り広げるが、わずかに届かず、5位でチェッカーを受け、貴重なポイントを獲得した。


鈴木亜久里監督のコメント

「この高い気温の難しいレースでドライバー2人はポイントを獲得してくれて感謝しています。次回は予選からしっかり上位でレースが出来るようにしたいね」

ライアン・ディングル エンジニアのコメント

「岡山みたいな力強いレースが出来て、作戦通りに展開出来たのは良かったと思っています。しかし、同じパッケージの1号車が優勝したので悔しさはあります。レースペースは周りと比較すると悪くないけど、まだまだ動きが改善出来るので、ドライバー2人とともにより良い車を作っていきたいと思います。1号車の皆さま、そして昨年一緒にやっていた星さんにはおめでとうと言いたいです」

野尻智紀選手のコメント

「予選から考えると順位を挽回出来たというのはありますが、今回は勝ちにきたレースなので悔しさが残るレースでした。もっと強いチーム作りをやれるようにしっかりやってきたつもりでしたが、今週こういう結果になってしまったので、ドライバーとしてもそうですけれど、チームを引っ張っていく立場として反省すべき点がたくさんあるので、次の鈴鹿は勝てるようにしていきたいです」

福住仁嶺選手のコメント

「このサーキットはなかなか抜けないので難しい展開になると思っていました。ボクは前半のスティントを走ったのですが、順位が変わる事なく、殆ど全車が順位を大きく変える事もないまま前半が終わったと思います。何度か抜けそうなチャンスはあったのですが、ボクのペースもあまり上げる事が出来なかったので、とにかく燃費に気を遣いながら上手く戦略で前に出られるように気を付けながら走っていました。ピットのタイミングで順位を上げる事が出来て、野尻さんの素晴らしい走りで6番手まで上がる事が出来ました。前車のクラッシュもあり、4位まであと少しのところでした。常に課題というのはあると思うのですが、きちんとその課題を解決していかないと予選のようになってしまうと思うので、しっかり鈴鹿に向けて準備をしていきたいです」

シェア:

Related Article

関連記事