2020.10.5

2020.10.5

レースの勝敗を左右するタイヤ

使えるタイヤは6セット

レースの勝敗まで左右する重要なポイントがタイヤ。ARTAは、ブリヂストンタイヤと共に戦っています。レースウイーク(公式練習〜決勝スタートまで)で使えるタイヤは、6セット。用意された24本のタイヤにはすべて印がつけられ管理されています。オフィシャルから「ウェット宣言」が出た場合は、レインタイヤを履くことができます。これは、6セットには含まれません。レースの総距離が300㎞を超える場合は、別に定められます。

レースを戦う選ばれし6セットは、たくさんの行程を経て決定されています。その一つは開発テストです。オフシーズンやシーズン途中に行われることもありますが、ドライ、ウェット、サーキットでテストを実施しデータを蓄積していきます。レインタイヤのテスト時は、テスト当日が晴れてしまったとしても、水を撒いて路面をウェットにして実施されます。

さまざまなデータを参考にレースウィークのだいたい1か月くらい前に、エンジニアが持ち込むタイヤを決定します。戦う前から大仕事ですね。

繊細なタイヤのメンテナンス

サーキットに入ると、メカニックは真っ先にタイヤメーカーのタイヤサービスにホイールを運び込み、オーダーしてあるタイヤを組んでもらいます。タイヤサービスは、秘密がいっぱい。海外のレースでは、ガードマンを置いているところもあります。パドックにタイヤメーカーのトランスポーターが置いてあり、外観は見ることができますが、そこは聖域だということは覚えておいてくださいね。

レース前20分間のウォームアップ走行で、レース第2スティントで使う予定のタイヤの「皮むき」がスタートします。ドライタイヤは表面がつるつる。走って表面を削ります。スクラブすると表現をすればわかりやすいでしょうか。路面にタイヤのゴムがほどよく溶けてグリップする為には、必要な作業。これを皮むきと呼びます。そこから予選に向けてタイヤを決めて行きます。

濡れている路面での皮むきは滑って危ないですが、そこはさすがGTドライバーさんたち。そつなくこなしていました。

予選、Q1で敗退してしまった場合は、そのタイヤが翌日の決勝スタートタイヤとなります。Q2まで進んだ場合は、予選後抽選で決められたタイヤ、Q1かQ2のいずれかのタイヤがスタートタイヤとなります。このタイヤの抽選は、予選後のポールポジション記者会見で行われ、ドライバーが代表して選んでいます。

決勝は、レースがスタートしてしまうとタイヤの制限はなくなります。あとは、戦うのみです。

シェア:

Related Article

関連記事

ARTA SUPER GT500 第2戦 決勝レポート

RACE REPORT

結果は8位だが中身の濃い充実したレースで次戦に期待 昨年は新型コロナウィルスの影響で全8戦が300kmのレースで開催されたが、今回 …

Read more

ARTA SUPER GT300 第2戦 決勝レポート

RACE REPORT

マシンのセット不足を二人のドライバーが見事にカバーして3位表彰台 スタートは佐藤蓮。無難なスタートで2番手をキープしたが、2周目に …

Read more

ARTA SUPER GT500 第2戦 予選レポート

RACE REPORT

3/1000秒差でポール逃すも目標は明日の結果 開幕戦の決勝は速さもありポイントが獲れたものの予選でのポジションが良くなかったので …

Read more
ARTA GT300

ARTA SUPER GT300 第2戦 予選レポート

RACE REPORT

新人の佐藤蓮が自分の走りを修正してみごとにP2獲得 新人の佐藤蓮は、速さはあるもののコーナーにオーバースピードで入って行ってしまう …

Read more

このままでは終わるわけにいかない……。苦戦した中でもポイントを拾い集めてきた野尻&福住の“意地”

DISCOVER ARTA

岡山国際サーキットで開幕を迎えた2021年のSUPER GT。念願のシリーズチャンピオンに向けて初戦から好結果を狙っていた8号車A …

Read more

ARTA SUPER GT500 第1戦 決勝レポート

RACE REPORT

マシンも改善して後方から7位まで浮上するがレベルアップが課題 昨日の予選が不本意だったため、ドライバー、エンジニアは綿密なミーティ …

Read more