2020.11.28

2020.11.28

ARTA SUPER GT300 第8戦 予選レポート

急遽エンジン交換で予選走れず、明日はひたすら前にいくだけ

負傷の為に第7戦を欠場した高木真一だが、完治まで時間がかかるので、今回も松下信治が高木の代わりにレースに出場する事になった。高木の怪我の経過は良く、先日退院して今回富士スピードウェイにも来場し、チームへのアドバイスを行っている。

今朝のフリー走行は大湯都史樹が先に乗り、車の状態を確認する予定だったが、走り出しからエンジンの不調を訴えてきたのでピットに戻しエンジンを確認したところ、トラブルが発生していた。急遽エンジンを載せ替える事になった。エンジンの載せ替えには時間がかかってしまう為、予選への出走は出来ず、明日は最後尾からのスタートとなってしまう。

しかし、大湯はそのフリー走行で少ない周回数でタイヤが暖まりきっていない状態ながら、7番手のタイムを記録している。車の状態は良さそうだ。まだチャンピオンの可能性は残されているが、明日は最後尾から優勝することだけを考えて戦っていきたい。

土屋圭市アドバイザーのコメント

「マイナス面から言うと、シリーズチャンピオンを争っている中でエンジンが壊れてしまい、最後尾からのスタートは痛いね。プラス面はレース中にエンジンが壊れるよりは、今壊れてくれて良かったと思っています。明日は大湯もノブもガンガン行って欲しいですね」

岡島慎太郎エンジニアのコメント

「大湯だけしか走れていないのですが、車両のパフォーマンスは良さそうなので、予選を走れなかったのは残念です。レースセットのポテンシャルは高そうなので、明日はひたすら抜いていくレースを展開したいですね」

大湯都史樹選手のコメント

「最初、タイヤの選択やマシンのチェックなど、色々と確認する為にボクから走行をしたのですが、タイヤが暖まる前にエンジンの不調が見受けられたのでピットに入りました。メカニックさん達も懸命に作業をして下さったのですが、エンジンが壊れている事がわかり、その後のフリー走行は走れませんでした。エンジンを載せ替える事になり、予選が走れなくなり、明日は最後尾からのスタートとなりますが、決勝では逆に後ろに誰もいないので、プレッシャーも感じず、とにかく抜くだけなので、松下さんと一緒に最後尾から優勝出来ればいい、と思っています。明日は優勝出来るように攻めるだけ攻めて、皆さんに喜んでもらえるようなレースをしたいです」

松下信治選手のコメント

「残念なトラブルで今日ボクは走れなかったのですが、富士でどういう感じで走れるのか不安は残りますが、逆に最後のレースで最後尾から走れるので、ガンガン行って、魅せるレースをしたいな、と思っています。順位も大切ですが、アグレッシブなレースをしたいと思っています。」


高木真一選手のコメント

「前回、今回と負傷によりレースに出場出来ずすみませんでした。55号車はまだ、大湯とチームチャンピオンの可能性が残されているので、まだ身体は完治しておりませんが応援に来ました。得意の富士で予選をしたかったのですが、エンジントラブルにより出走出来ませんでした。残念ですが、明日は抜かれる事も無いので、全部抜いて優勝出来るような戦略を土屋さんが考えてくれると思います。色々なドラマが繰り広げられると思いますが、そこを上手く切り抜けて、チャンピオンの可能性がある限り精一杯頑張って欲しいと思っています」

シェア:

Related Article

関連記事