ARTA SUPER GT500 第3戦 予選レポート | ARTA

2022.5.28

2022.5.28

ARTA SUPER GT500 第3戦 予選レポート

タイヤチョイスのミスもあり、上げ幅少なく後方に沈む

第2戦からインターバルが3週間ほどで第3戦鈴鹿大会を迎えた。前回優勝を果たした#8 ARTA NSX-GTだが、サクセスウェイトが少し重くなったものの、今朝のフリー走行ではその重さを感じさせないパフォーマンスを発揮し、午後の予選に期待が高まった。

雲がやや多いものの、天候は晴れで、気温は徐々に高くなってきた。

Q1を担当するのは福住仁嶺選手。ほとんどの車両がいつもより早くコースインしたので、福住も早めにコースイン。タイヤを暖めてアタックに入っていった。午前より車のバランスも良さそうだったが、周りの車両のタイムの上り幅が多く13番手で予選を終え、Q2進出はならなかった。

非常に悔しい結果となったが、明日は少しでも多くポイントを獲得出来るように準備をしていきたい。


鈴木亜久里監督のコメント

「難しい予選だったね。午前中は悪く無かったからQ1突破は大丈夫だと思っていたんだけど、タイヤチョイスをミスってしまい、ドライバーには悪いことをしてしまった。しかし、明日は諦めず、最後まで目が離せないようなレースを展開したいと思いますので、注目していて下さい」

ライアン・ディングル エンジニアのコメント

「今回の持ち込みセットは方向性を変えて持ってきました。クリーンのアタックは出来なかったものの、フィーリング的には悪くありませんでした。しかし、それを信じすぎて予選に入っていってしまい、周りと比較すると良くありませんでした。タイム差の0.3-0.4秒をどうやって取り返すかはアイデアがありますので、次の鈴鹿に生きると思います。明日の決勝ですが、チャンピオンを目指すチームであれば、後方からのスタートであっても確実にポイントを獲ると思いますので、気持ちを切り替えて明日のプランとセットアップを考えたいと思います」

野尻智紀選手のコメント

「残念な結果であることは間違いないのですが、明日に向けて出来る事はまだ沢山ありますし、鈴鹿はもう1大会残されていますので、それにつながるような決勝日を送りたいと思います。このポジションから巻き返せるように戦略、セットアップの準備をしていきたいと思います」

福住仁嶺選手のコメント

「フリー走行からの流れは悪くなくて、自分たちのフィーリングではQ2に行ける感触はありました。しかし、いざ予選が始まってみると周りのタイムの上り幅が大きく、僕たちが上げられなかったのでQ1を敗退してしまいました。チームには申し訳なく思っています。明日は最後まで何があるかわからないので、しっかりと戦ってポイントを獲得したいと思っています」

Related Products

関連商品

シェア:

Related Article

関連記事