ARTA SUPER GT500 第2戦 予選レポート | ARTA

2022.5.3

2022.5.3

ARTA SUPER GT500 第2戦 予選レポート

クルマの性能は全て引き出して予選は5位、明日はロングをきっちりと戦いたい

昨年の第2戦富士大会でARTA NSX-GTは惜しくも優勝を逃したが、富士との相性は良い。
午前は2番手でセッションを終え、予選に期待がかかる。

今回のQ1のアタッカーは福住仁嶺選手。思ったより気温が上がらなかったので、福住はしっかりとタイヤに熱を入れてアタックへ入っていった。福住は見事3番手のタイムを叩き出し、野尻智紀選手につないだ。

野尻は1周目のアタックで5番手のタイムを記録し、更にもう1周アタックを行い、ひとつポジションを上げる事に成功した。しかし、2周目のアタック中に4輪脱輪してしまい、4番手のタイムは抹消となってしまい、1周目に出した5番手のタイムで予選を終えた。

明日は長距離レースなので、5番手スタートは悪く無いポジションだ。昨年の屈辱を晴らし優勝を狙いたい。


鈴木亜久里監督のコメント

「ドライバーやエンジニアは悔しがっていたけど、悪く無い予選だったね。タイムが僅差でレベルが高かくてとても面白い予選だった。ウチの車は決勝のセットは良いので、良い結果を出せるように頑張ります」

ライアン・ディングル エンジニアのコメント

「ポールポジションを狙っていたので、この5位は悔しさがありますね。今回の最初から流れ的に悪く無かったですし、ドライバーとのコミュニケーションも良く、ショートもロングも良いデータが取れたと思っています。予選では2人のドライバーは車のポテンシャル引き出してくれたのにこの結果なので、より良いセットアップ考えなくてはなりませんね。今からは明日のレースに向けて上を狙えるように準備していきます」

野尻智紀選手のコメント

「ドライビング的にもうちょっとタイムを出せたかなとは思いましたが、車やタイヤのポテンシャルは引き出せたと思っています。明日はここから上を狙えるように準備をしていきたいです」

福住仁嶺選手のコメント

「今回はフリー走行の流れからいくつか不安はあって、予選のアタックは満足できない部分もありましたが、3番手でQ2につなげる事が出来たのは良かったと思っています。野尻さんは素晴らしいアタックで、結果的に5位に終わりましたが、ポジションとしては悪く無いので、明日に向けてしっかり準備していきたいです」

シェア:

Related Article

関連記事