2020.10.29

2020.10.29

SUPER GT Log #3

SUPER GT第6戦 鈴鹿サーキット

われわれのホームコース、鈴鹿サーキットでの第6戦が終了しました!シーズン中、各車の戦績により最大のウェイトハンデを背負うこととなるのが今回の鈴鹿ラウンド。ARTA8号車は32kg、55号車はずっしり100㎏のウェイトハンデで臨みました。

予選は、8号車は今回も見事にポールポジションを獲得しました。55号車は重いながらも7番手、決勝も7位キープでチェッカーとベストリザルトで終えました。

8号車に関しては、予選後、勝利を是が非でも掴み取りたいと誰もが強く思いました。3度目のポールポジションで前戦に続き記者会見へ出席。いつもよりもとても落ち着いていて、逆にまったく笑顔を見せない会見。気持ちは既に明日へと前を向いていたと思います。明日は笑顔で優勝会見だねと声をかけるも、本人たちの方が当然思いは強く…。重責からか少し緊張感に包まれた雰囲気でした。

迎えた決勝日、レースは野尻選手がスタートドライバーで順調に1コーナーをトップで通過。盤石にレースは進み、後続とのギャップも徐々に広がり福住仁嶺選手へとスイッチしました。期待は大きく膨らむ形でのピットイン。そのピットインをするタイミングで、前にいた速度差のあるクルマでタイムロス。その後のセーフティーカーのタイミングもわれわれには運がなかったですね…。リスタート後、福住選手が猛追するもタイムオーバー。二人のドライバーがパーフェクトだっただけに、チームの落胆も大きく…。今回は運が他に味方をしてしまいました。

ただ悲観してばかりはいられません。次戦はもう来週。来月の残り2戦で異例の短いシーズンが終わってしまいます。とにかくわれわれは悔いの残らないよう戦い抜く。それだけです!

そして、今回から新しいカラーリングのトランスポーターが登場しました。ピットパーテーションの黒とは真逆の白です。ARTA GALSのメンバーたちの黒のコスチュームに映えますよね。白が新鮮で手前みそながら気に入っています! 

早くお客様がパドックに入場できるようになるといいなと思います。パドックの広いサーキットでしたら、トランポの写真も撮っていただきたい!また、思いを乗せトランポと一緒にも写真を撮って欲しいです。引き続き応援よろしくお願いします!

シェア:

Related Article

関連記事