2022.1.14

ARTA MECHANICS インタビュー“エグゼクティブアドバイザー土屋圭市”

2022.1.14

僕たちにとってスポーツカーっていうのは、ただ移動するための手段じゃないんです。
「なんかこんな楽しいんだ」「理由はないけど楽しいんだ」っていうものを気付かせてくれるのがスポーツカーです。
こんにちは、元レーシングドライバーの土屋圭市です。
僕はこの業界で、もう40数年どっぷり浸かってる人間ですけれども、スポーツカーって楽しい乗り物なんだということをお伝えしたいです。ただスピードを出すだけじゃない、ハンドルを切ってコーナーでタイヤを鳴かせるだけじゃない。

スポーツカーを憧れの存在から身近な存在へ選択肢を広げる

ご存知の皆さんもいらっしゃると思いますけど、今、日本のトップカテゴリーでスーパー GT というレースがあります。そこの ARTA で、僕はエグゼクティブアドバイザーを務めさせて頂いています。
2019年に僕が話をいただいて、鈴木亜久里総監督から、オートバックスともう22年も一緒に行ってきて、なんかこうもっともっとクルマ好きを増やしていきたいよね。スポーツカーに興味を持ってもらいたいよね。カスタマイズに興味を持って欲しいなっていうところから、このカスタマイズブランドが発足しました。
「もっともっとスポーツカーを憧れだけじゃなく、皆さんの身近に感じて欲しい」そんな想いもあって、僕自身、ARTA MECHANICSに共感しました。
スポーツカー市場に 、ARTA MECHANICSという新しい風を吹き込むことによって、皆さんの選択肢が一つでも広がってくれたら、僕たちとしては嬉しいです。

素を活かした本物のカスタマイズを届ける

素を活かした、ベースを活かしたカスタマイズ。今回は第一弾としてこの NSX を選びました。
我々とオートバックスは、何と言ってもクルマ好きを増やしたい、クルマって楽しいんだ、さらにその上にスポーツカーって楽しいですよっていうものがある。それをやっぱり皆さんに知ってほしいな。
我々が作る以上、当然、保安基準は確実に守ってます。オートバックス 、ARTA という名前がある限り、下手な物は出せない信念があります。
皆さんに提供するものは本物でなきゃいけない。そういう一台です。内装までを職人が本当にひとつひとつ縫い込んでいく。本物のドライカーボンを使って車内の内装を仕上げていく。

ARTA MECHANICSがこれから作っていく物というのは、素材を妥協しない。皆さんにとって楽しいクルマとなってくるのが一番です。ノーマルのNSXよりも更におしゃれな、かっこいいNSXに乗りたいなっていう人たちのために、こういった1台を仕上げてきました。
この1台でクルマ好きがどんどん増えていって、世界中に広がっていってくれたらいいな。
そう僕らは思っています。

NSXを第一弾として、皆さんが喜んでいただけるようなクルマ。ARTA MECHANICSは、1台1台を丁寧に仕上げ、みなさんにお届けして行けたら、我々としても幸せです。
我々の想いを具現化できるのが、このARTA MECHANICSだと信じて、僕も参加しておりますので、皆さん、よろしくお願いします。

NEWS一覧へ

商談予約