2020.11.17

2020.11.17

「2020年ARTA GALS」藤澤響花-レースクイーンデビューイヤー-

2020年ARTA GALSのメンバーとして、レースクイーンデビューをした藤澤響花。

ミスユニバーシティ静岡のグランプリ受賞や、‘18年ミス駒澤で準グランプリを受賞するなど輝かしい経歴をもつ。

コロナ禍により、当初の予定より遅い第6戦でのデビューになったが、初めてとは思えない、凛とした振る舞いでサーキット・アテンダントとしてのデビューを果たした。

「心強い先輩たちに囲まれて安心感がありました。現場の雰囲気は画面越しではわからない迫力があり、ARTAの一広告塔である『ARTA GALS』として立たせて頂けていることに誇りを感じました。」

-初めてグリッドボードを担当した時の気持ちは?

「同じチームのことはちゃんとコントローラーさんにしっかりご指導頂いたので練習した分不安はなかったのですが、反省点は多く、学びが沢山ありました。レースクイーンの経歴が長い他のメンバーを改めて尊敬しました。」

「グリッドボードを持って歩いている時は、今まで学んだウォーキングの見せ所などを考えながら、落ち着いて行うことが出来ました。」

過去の経歴を活かし、堂々とした姿勢やウォーキングは、さすがのプロフェッショナルだ。

「昨年サーキットでのステージを見た時に、他のチームとは一線を画したスポーティなかっこよさが一際目立ち『ARTA GALS』に一瞬で心を奪われた事がレースクイーンになったきっかけでした。私も憧れてもらえるようなレースクイーンになるよう、ARTAの魅力を伝えていきたいと思っています。」と語る藤澤響花の今後の活躍に期待したい。

Related Article

関連記事

「2020年ARTA GALS」神尾美月-初めてのポールポジション―

GALS

2020年ARTA GALSのメンバーになった神尾美月。 突然に訪れたコロナ禍により、第4戦まではトークショーに出演する形での応援 …

Read more

SUPER GT Log #3

DISCOVER ARTA

SUPER GT第6戦 鈴鹿サーキット われわれのホームコース、鈴鹿サーキットでの第6戦が終了しました!シーズン中、各車の戦績によ …

Read more