2022 ARTA TVCM 撮影の舞台裏 | ARTA

2022.5.3

2022.5.3

2022 ARTA TVCM 撮影の舞台裏

「4月の開幕を想定する意味では好条件だね」

そう語ったのは、鈴木亜久里総監督。

晴天に恵まれた岡山国際サーキット。開幕戦前の公式テストが行われた。

この日の最高気温は22.5度を記録。3月上旬としては異例の暑さとなった。

そして、例年通り、ARTAのTVCM撮影が行われた。

疾走感・迫力・スピード感

岡山国際サーキットを一時的に占有して行われる撮影。

撮影車両にカメラが設置されていく。

他チームや関係者が見守る中、カメラは回り始めた。

撮影車両のハッチバックを全開にし、カメラを設置し、乗り込む。スタッフには命綱が繋がれ安全を確保する。

マシンに必死でカメラを向けるカメラマン。

晴れ渡る青空のもと、縦横無尽に飛ぶドローン。

走行シーンの迫力を演出するため、車体ギリギリまでドローンが接近。

空陸ともに緊張が走った。

「昨年よりかなり攻められた。迫力という点では過去最高の画が撮れたね。」

現場を指揮した“匠”、ARTA公式カメラマンの宮田正和氏は、手応えを感じていた。

”レース”の世界で生きている

後日、ドライバーにフォーカスした撮影を都内某所にて行った。

より人へフォーカスすることで、精神的な強さの表現を盛り込む狙いだ。

大型のLEDパネルにはマシンの走行シーンが映し出される。

その前に立ち、「レースの世界で生きている」「レースに対して堂々と立ち向かっている」ことを表現した。

男らしさの表現にも工夫

一見すると顔がはっきりと見えづらくもある。

しかし、ARTAカラーに色づいた空間でのコントラストの差は、ドライバーの存在感を、明るい光で見たときよりも、くっきりと、強く、印象に残す。

タフ×非日常の表現。

https://youtu.be/vDSCuJriBAs

Related Products

関連商品

シェア:

Related Article

関連記事